1日1個のリンゴで医者いらず。

ここ最近、身体がだるくて、寝ても寝ても寝た気がしない、という現象が続いています。

 

主人には「お前、よく寝てるぞ」と言われていますが、私自身は、朝起きてから、すでに疲れているのです。

きっと、仕事に育児に家事にと、時間に追われ、慢性的疲労かな、と思い、仕事は楽しいものの、やっぱり人間関係の悩みがない、と言えば嘘になります。

 

それに、最近読んだ新聞には、紫外線や猛暑でも「生活環境ストレス」があり、疲れの原因となっているらしいのです。

 

確かに、暑くなってくると、駅までの10分歩くのも疲れます。

 

とは、いっても、一日中、家の中で楽しく過ごす事もできませんので、この疲れを何とかできないのかな~と思い、最近、食べている物が「リンゴ」です。

 

よく、お見舞いに行く時って、フルーツ盛り合わせ、だし、ドラマでも入院シーンは、リンゴを剥いて食べています。

 

それに、昔、母が健康診断で「太り過ぎで、コレステロールがすごいです、1日1個、リンゴを食べなさい」とお医者様から言われた、と言っていたのを思い出しました。

 

母は、その日から、食べ忘れがないように、毎朝、リンゴを食べていたのを思い出しました。

 

その結果、1年後の健康診断までに、体重を5kg減少させ、コレステロール値を正常に戻しました。

 

私も始めたばかりですが、早く体調が元に戻るよう、1日1個リンゴを食べています。

 

フレッシュフルーツ青汁の効果