酵素ドリンクの作り方

酵素ドリンクを自作する方法もあるのでご紹介します。用意するのは、旬の野菜や果物を3種類程度で5mm位のいちょう切りにします。玉ねぎやねぎなどの辛くて臭いがきついものは酵素ドリンク作りには不向きです。キャベツ、柑橘系果物、キウイ、いちご、スイカ、トマト、スモモ、ゴーヤ、しそ、ニンジン、大根、リンゴなどが最適です。果物と野菜は1キログラム、上白糖を1.1キログラム用意しますが、1:1.1の配合なら可能です。清潔な瓶に材料と砂糖を1/4ずつ入れて清潔な手で砂糖を揉みこみます。発酵中は毎日、清潔な素手でかき混ぜます。20度~25度なら10~12日間、冬なら20日間程度で発酵が終わります。甘酸っぱい香りがして混ぜると気泡が出る状態です。ざるで漉して清潔な瓶容器などで冷蔵庫で保管しますが、残留物が気になる場合には、ガーゼなどで漉すのがオススメです。自作の酵素ドリンクは、簡単で安上がりで生の酵素が豊富に取れます。発酵途中や保管中に、不衛生になったり、砂糖の量が少なかったり、上白糖以外の精製度の低い砂糖ではカビが生える場合もありますから気をつけましょう。酵素ドリンクにつかう果物は、皮ごと使うのが良いので、ノンワックスや無農薬、減農薬がオススメです。